パソコンやスマホに関することを気ままに書いていきます!

ブログ

Windows Server 2019の仮想マシンでGPUパススルーをする

投稿日:2022年9月8日 更新日:

スポンサーリンク

はじめに

今回はWindows Server 2019の仮想マシン(Hyper-V)でGPUパススルーをやってみたので備忘録として残しておきます。ゲストOSはWindows11です。
調べてみると、2016だと出来て2019ではサポートしているものの出来ないという記事がありましたが僕の環境では問題なく動きました。もしかしたら最近のアップデートで対応したのかもしれませんね。
やり方のみ知りたい方は次の目次まで読み飛ばしてください。

仮想マシンでグラボを使うにはいくつか方法があります。

  • RemoteFX
  • DDA (Discrete Device Assignment)
  • GPU-PV

「RemoteFX」は脆弱性の問題から2021年4月の段階で無効化・削除されているため利用できません。
「GPU-PV」であれば1台のGPUリソースを最大で4つの仮想マシンに共有できますが、Windows Server2019ではサポートしていなかったため利用できませんでした。
最後に残ったのが「DDA」です。これはホストマシンのPCIに接続された物理デバイスを仮想マシンにパススルーするという機能になります。仮想マシンから直接グラボにアクセスできるようになります。
今回はこのDDAを使いHyper-VのWindows11へGPUパススルーを行います。

現在のマシンスペック(主なパーツ)

CPURyzen7 1700X
M/BASUS X370-F Gaming
RAM64GB (16GB×4)
GPU1GT710
GPU2RTX2060
OSWindows Server 2019 (1809)

今回パススルーに使うグラボはRTX2060です。
仮想マシンはすでに作成してあることを前提に進めていきます。
ちなみに今回はWindows11をゲストOSにするため仮想マシンは第2世代に設定します。
Windows11をインストールする場合は仮想マシンの設定から「暗号化のサポート"トラステッド プラットフォームモジュールを有効にする"」にチェックを入れる必要がありました。

GPUパススルーのやり方について

グラボのインスタンスIDを確認

仮想マシンを作成後シャットダウンして、管理者権限でパワーシェルを起動します。
下記コマンドを実行してパススルーしたいグラボのインスタンスIDを確認してメモしておきましょう。

Get-PnpDevice -PresentOnly | where {$_.InstanceID -like 'PCI*'} | select InstanceID,FriendlyName | sort FriendlyName

今回は「PCI\VEN_10DE&DEV_1F08&SUBSYS_152719DA&REV_A1\4&1DA95F35&0&0019 NVIDIA GeForce RTX 2060」と表示されています。RTX2060と記載されているため分かりやすいですが、もしどのデバイスかわからない場合はThe PCI ID Repositoryから「VEN」「DEV」を確認しておくと良いでしょう。
例) VEN_XXXX&DEV_XXXX → 各XXXXの4桁
必要な部分は「PCI\VEN_10DE&DEV_1F08&SUBSYS_152719DA&REV_A1\4&1DA95F35&0&0019」です。
メモしておきましょう。

デバイスIDへ代入

下記コマンドを入力し、デバイスIDへ先ほどメモした文字列を入力します。

$deviceID = '先ほどメモした文字列'

僕の環境では「$deviceID = 'PCI\VEN_10DE&DEV_1F08&SUBSYS_152719DA&REV_A1\4&1DA95F35&0&0019'」と入力しています。

ロケーションパスの取得

下記コマンドを入力し、ロケーションパスを取得します。

$locationPath = (Get-PnpDeviceProperty -KeyName DEVPKEY_Device_LocationPaths -InstanceID $deviceID).Data[0]

GPUをホスト上で無効化

下記コマンドを入力し、ホスト上からグラフィックボードを無効化します。

Disable-PnpDevice -InstanceId $deviceID

GPUをホストからアンマウント

下記コマンドを入力し、ホスト上からグラフィックボードをアンマウントします。

Dismount-VMHostAssignableDevice -force -LocationPath $locationPath

ここで「PCI Express バスをOSが制御できません」といったエラーが発生する場合はBIOSもしくはUEFIの設定を変更する必要があります。
SR-IOV」を有効にしてください。

GPUを仮想マシンに割り当てる

続いて下記コマンドを入力し、仮想マシンにグラフィックボードを割り当てます。

Add-VMAssignableDevice -VMName '仮想マシンの名称' -LocationPath $locationPath -Verbose

僕の場合、仮想マシンの名前を「Windows11」にしたので「Add-VMAssignableDevice -VMName 'Windows11' -LocationPath $locationPath -Verbose」と入力しています。
これで完了です。

うまくいけばこの様になるはずです。

もし仮想マシンからGPUの割当を解除したくなった場合は下記コマンドでアンマウント出来ます。

Remove-VMAssignableDevice -VMName '仮想マシンの名称' -LocationPath $locationPath -Verbose

仮想マシンを起動して確認

では仮想マシンを起動してみましょう。

デバイスマネージャーを開いてみると「Microsoft Hyper-V ビデオ」のほかに「Microsoft 基本ディスプレイアダプター」と表示されています。

ドライバをインストールしたところ、無事に「NVIDIA RTX2060」と表示されました。
問題なくパススルー出来ています!

おわりに

今回はWindows Server 2019の仮想マシンでGPUパススルーを試してみました。
これで仮想マシン上でゲームなどが出来るはずです。リモートアクセスする場合、多少の遅延はありますが実用に耐えられるのか次回以降試してみようと思います。
今回のやり方だと、仮想マシンの数だけグラボが必要です。
そのため、1台のPCで複数のゲーム用仮想マシンを作るのはかなりのコストがかかる上、マザーボードによっては物理的に搭載できるグラボは限られておりCPU側のレーン数も足りなくなります。
本当であれば1台のGPUを複数の仮想マシンに利用できる「GPU-PV」を利用したかったのですが、僕の環境ではOSがサポートしていなかったためダメでした。Windows Server2022に移行すれば良いのですが費用と時間がかかるため正直面倒です…
複数のゲーム用仮想マシンを作るのはロマンですが、実際に複数人で使う機会があるかと言われると、うーん…
1台のPCで複数のゲーミング仮想マシンを運用するとなるとグラボだけでなくCPUもかなり高スペックが要求されます。初代Ryzen7 1700Xはあまりクロックが出ないし、8コア16スレッドなので3~4台の仮想マシンを動かすとなるとスペック的には微妙です。
いつかサーバを別の構成へ変えることがあればやってみたいですね。

スポンサーリンク

-ブログ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Nintendo Switchを買った!

目次1 Switch買いました!1.1 付属品1.2 いまさら!?買った理由 Switch買いました! 今回は「Nintendo Switch」を購入してきました! 発売日が2017年3月なのですでに …

GTX1080でレイトレーシングを試してみる

目次1 はじめに2 GTX1080でレイトレを体験してみる2.1 検証するPC2.2 ベンチマーク2.3 ゲーム3 まとめ はじめに 先日nVidiaから新ドライバが配布されました。 このドライバによ …

HUAWEI Band3買ってみた

目次1 はじめに2 HUAWEI Band3について2.1 種類2.2 無印とProの違い2.3 主な機能3 開封の儀4 実際に使ってみた4.1 歩数計4.2 睡眠4.3 心拍数4.4 通知4.5 文 …

no image

【階層記憶域】Windows「ミラーリングによって高速化されたパリティ」の構築方法

目次1 はじめに2 「ミラーリングによって高速化されたパリティ」とは3 構築方法4 ベンチマーク5 まとめ はじめに 今回はWindows10で「ミラーリングによって高速化されたパリティ」の構築方法を …

ひょんなことからMacbook Airがやってきた

目次1 経緯2 やってきたモデル3 まとめ 経緯 最近、授業でApple製品が必要と感じることが増えてきました。 Mac miniは所有していますが、外出先では使うことができません。 そこで、とある方 …

スポンサーリンク