パソコンやスマホに関することを気ままに書いていきます!

PC ブログ 自作

RAIDカードでファイルサーバを強化する!

投稿日:

スポンサーリンク

はじめに

今回は前に余っていたパーツで自作したファイルサーバを強化します!というのも今まで6TBや3TBのHDDを何台か使っていましたが最近動画ファイルが増え容量が足りなくなってきました…
あと、ファイルサーバとして使っておきながら普通にHDDを接続しているだけなので耐障害性がありません。つまり、どれか壊れてしまうとデータを失ってしまうことになります。
大事なデータは定期的にバックアップをとっているのですが全てのデータを保存しているわけではないので急にHDDが壊れてしまうとどうすることもできません…
そこでRAIDカードを使って耐障害性のあるファイルサーバを構築します!
(実はこのRAIDカードですがすでに取り外しており、別の方法でファイルサーバを構築することにしました。これについては後日ブログに書きます。)

購入したもの

RAIDカード

まずはRAIDを構築するために必要なRAIDカードです。
今回は富士通の「D3116」というカードを購入しました。
対応しているRAIDレベルは1 / 1E / 1+0 / 5 / 5+0 / 6 / 6+0 です。
オークションサイトで手に入れたのですが、サーバからの抜き取り品が割と安価で出回っています。状態によりますが3,000〜5,000円で入手できます。
このRAIDカードは1GB(DDR3)のキャッシュメモリが搭載されているためキャッシュなしのRAIDカードよりはパフォーマンスが良いはずです。しかし、このメモリは揮発性のためデータの転送中に電源を喪失してしまうとデータを失ってしまいます。そこで今回はフラッシュバックアップユニット(PY-FBR01)、いわゆるバッテリーが付属しているものを選びました。これでデータの転送中に電源が落ちてもデータを守ることができます。

HDD

次に、データを保存するために必要なHDDです。

  • WD Blue 6TB (WD60EZAZ)
  • WD Red 6TB (WD60EFAX)
  • Seagate BarraCuda 6TB (ST6000DM003)
  • Seagate IronWolf 6TB (ST6000VN001)
  • TOSHIBA 6TB (DT02ABA600)

今回は各種メーカーのHDDを合計5台購入しました。
使用前に各社HDDのベンチマークをとっています。気になった方は下記の記事をお読みください。

どうして?と思うかもしれませんが、いろいろな製品を使ってみたかったのと、どのメーカーのHDDが先に壊れるのか気になったからです。
RAIDを構築する際は同じメーカーのHDDで揃えたほうが良いと思いますが、今回は上記の理由から敢えて別々のHDDで構築します。

SAS→SATA変換ケーブル

最後にSASからSATAに変換するケーブルです。RAIDカード側はSAS端子が搭載されていますが、使用するHDDはSATAタイプなのでそのままでは接続できません。そこでこのような変換ケーブルを使って繋ぎます。
SASのコントローラーはSATAとも互換性があるためケーブルを変換するだけで接続できます。ちなみに、この逆(SATA端子にSAS製品をつなぐ)は互換性がないため認識しません。

取り付け

それでは自作PCに取り付けていきましょう。

まずはRAIDカードを取り付けます。ブラケットは付属していませんでしたがケースのブラケットカバーと干渉しなかったのでそのまま付けました。

続いてHDDの入れ替えです。ついでなので500GBのSSDも増設しておきました。
これで取り付けは完了しました。

RAID構築

電源を入れて設定します。

起動するとWebBIOSという画面が表示されました。ここから各種設定を行います。

RAIDを構築するグループの設定です。
今回はRAID5のグループ(WD Blue,海門 BarraCuda,東芝のHDD)とRAID1(WD Red,海門 IronWolf)のグループを作成します。
RAID5は一般向け仕様を謳うHDDで揃え、RAID1は高耐久を謳うHDDで揃えてみました。

この画面から詳細な設定を行います。

これでRAIDの構築は完了です。
RAID5のグループは10.915TB、RAID1のグループは5.457TBとなりました。

Windowsを起動して「ディスクの管理」を開きます。問題なくRAIDのドライブが認識されました。フォーマットして使える状態にします。

ベンチマーク

それでは「CrystalDiskMark」を使ってベンチマークをとってみましょう。

RAID5のドライブです。
Read:34.39MB/s Write:65.86MB/s
何度か計測しましたがちょっと不安定でした。
Q1T1は早いですがQ8T1はあまり速度が出ていませんね…

続いてRAID1のドライブです。
Read:275MB/s Write:46.14MB/s
なぜかReadは早いのですが書き込み速度はあまり出ていません…

最後に

今回はRAIDカードを使ってファイルサーバのパワーアップをやってみたんですがあまり速度が出ない結果となりました。
また、起動後しばらくするとドライブが認識しないという致命的な問題が発生していました…
シャットダウン後、一度RAIDカードを取り外そうとしたところかなり発熱しており火傷しそうなほどでした。
ヒートシンクのグリスを塗り直してみましたが改善は見られず、とにかく熱いです。
もしかしたら、この熱問題のせいでドライブのパフォーマンスが低下しているのかもしれません。
パソコンとの相性で認識しなくなるのか熱問題で認識しなくなるのか、もしくはカード不良なのか僕の環境では特定できませんが、後日違う方法で耐障害性のあるドライブを構築しようと思います!

スポンサーリンク

-PC, ブログ, 自作


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

TimeMachineでバックアップしたデータを復元する方法

目次1 はじめに2 手順2.1 macOSユーティリティを立ち上げる2.2 Time Machineバックアップから復元2.3 復元元を選択2.4 インストール先の選択2.5 復元中2.6 復元完了3 …

コンタクトページからのスパムメールを対策する【reCAPTCHA導入】

目次1 はじめに2 reCAPTCHAとはなにか3 現状4 reCAPTCHAを導入する4.1 サイトの登録4.2 プラグインをインストール4.3 プラグイン設定5 確認6 まとめ はじめに 最近、コ …

MacBook Pro 2019年モデルがやってきた

目次1 はじめに2 購入したモデル3 このモデルにした理由4 開封の儀5 まとめ はじめに 先日、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したMacBook Proが本日やっと届きました。 カスタムしたの …

Atom Cam2買ってみたけど使い方次第では微妙かも

目次1 はじめに2 開封の儀3 設定4 使ってみる5 NASに接続してみる5.1 RTSPを使えるようにする5.2 監視カメラアプリの設定5.3 NASで映像は確認できるようになったけど…6 まとめ …

8ポートのLANハブを買った!

こんばんは、 最近ゲーム機やPCが増えてLANポートが足りなくなってきました。。 そこで、今回はこちらのLANハブを購入しました! ELECOMから販売されているメタル筐体のギガビットスイッチングハブ …

スポンサーリンク