パソコンやスマホに関することを気ままに書いていきます!

PC ブログ

GTX1080でレイトレーシングを試してみる

投稿日:

スポンサーリンク

はじめに

先日nVidiaから新ドライバが配布されました。
このドライバによって、今までRTXシリーズでしか対応していなかったリアルタイムレイトレーシングがGTX10シリーズ及び16シリーズ※1で対応したことになります。
そこで今回は、GTX1080でどれくらいの性能が出せるのか検証してみます。

※1:GTX1060(6GB),1060Ti,1070,1070Ti,1080,1080Ti,1660,1660Ti,TITAN X,TITAN XP,TITAN V

GTX1080でレイトレを体験してみる

検証するPC

今回の検証に使用するPCの主な構成です。

CPURyzen7 1700X
RAMDDR4-2400 16GB
GPUGTX1080

ベンチマーク

まずはベンチマークを行います。
レイトレーシング用のベンチマークソフトとして3DMarkの「Port Royal」というテストがあります。

このベンチマークテストでは、DXR(DirectX Raytracing)に対応しているグラボであれば実行できます。


スコアは「1594」でした。
ベンチマーク動画はこちらから視聴できます。

検索してみると、RTX2060のスコアが約3800だったのでGTX1080と比較すると約2.3倍の性能差が出ています。

ゲーム

それでは続いてゲームを試してみます。
レイトレーシングに対応しているソフトはいくつかありますが、今回は

「Battlefield V」で検証します。
[※画像をクリックすると大きな画像が表示されます]
こちらはレイトレーシングをOFFにした状態です。
これでも十分綺麗ですが、反射の表現はイマイチです。

[※画像をクリックすると大きな画像が表示されます]
こちらがレイトレーシングをONにした状態です。
ちゃんと橋が反射されているのが分かります。

[※画像をクリックすると大きな画像が表示されます]
レイトレーシングをOFFにした場合とONにした場合では明らかに変化しているのが分かります。
しかし、フレームレートを見るとレイトレOFFの場合は90~100FPSで安定していたのに対し、レイトレONの場合は30~40くらいまで低下してしまいました。
BFの設定画面では品質を、低,中,高,最高と変更できるので処理を減らすことが出来ます。
フレームレートの違いや画質の違いは下記の動画内で説明しているので良かったら見てみてください。

まとめ

今回は、GTXシリーズでリアルタイムレイトレーシングを試してみました。
確かにレイトレを有効にすると綺麗なグラフィックになるのですが、処理が重たくなってしまい快適にゲームをプレイするのは厳しそうです。
綺麗なグラフィックで快適にゲームをプレイしたい方は素直にRTXシリーズのグラボを購入するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

-PC, ブログ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ベンチマーク】 Celeron N4000

目次1 Celeron N4000について2 検証結果2.1 Cinebench R152.2 Cinebench R202.3 CPU-Z2.4 ドラゴンクエストX Celeron N4000につい …

初めて自作PCを組んだときの話

目次1 初自作について2 スペックについて2.1 CPU2.2 マザーボード2.3 グラフィックボード2.4 RAM2.5 HDD2.6 OS3 初自作を終えて 初自作について 僕が初めて自作PCを組 …

ペーパークラフトで光るMEKMINIを作る!

目次1 はじめに2 準備2.1 必要なもの2.2 あると便利なもの3 いざ制作!3.1 ペーパークラフトをカット3.2 発光ユニットの製作3.3 プログラムの書き込み3.4 LED発光部分の加工3.5 …

EaseUS Partition Masterでパーティションを分割する

目次1 はじめに2 準備2.1 今回使うソフト2.2 EaseUS Partition Masterでできること2.3 有料版と無料版の違い3 パーティションを分割する4 パーティション分割後5 まと …

1号機を組んだ後、マザボを壊してしまった…

目次1 なぜ壊したのか2 その後 なぜ壊したのか 先日、初自作の記事を載せたのですが、実はこの数週間後にマザーボードを壊してしまいます、、 何故壊してしまったのかというと、ズバリ「配線ミス」です。 ケ …

スポンサーリンク